日本縦断2015その6 沖縄本島~奄美大島~喜界島 宿の印象≒島の印象

与論島
本部から奄美大島までフェリーで12時間。
その間、与論島、沖永良部島、徳之島と2~3時間ごとに寄っていくので思ったほど退屈はしなかった。
名瀬港
9時20分に沖縄本島本部港を出た船は20時30分ようやく奄美大島名瀬港に到着。
すぐに自転車を組み立てこの日の宿に向かったのですが……
詳細は書かないけど、設備はともかくオーナーが……だとその島の印象まで悪くなるね。
そういう意味ではとても勉強になった。
名瀬港
宿から逃げるような気持ちで出てきたのは20年くらいぶりだなぁ(笑)。
当然料金は前夜のうちに払っています(笑)。
奄美のバス停
ホントはレンタカーで1日まわるつもりだったけど借りることが出来なかったので、ヤマト便で自転車を実家に送ってバスで向かった先は……
奄美鶏飯
奄美といえばこれ!の鶏飯。
ご飯を軽く盛った上に好きな具を乗せ、鍋に入ったスープをかけてお茶漬けのようにサラサラとかき込むのですが、これがウマ~イ!
わざわざバスに乗って食べに来た甲斐があった。
昨日からちょっと沈み気味だった気分が一気に上昇(笑)。
一緒に頼んだ鳥刺しもウマい。
ここでビールを頼まなかった自分を褒めてあげたい(笑)。
ハブ看板
帰りは適当にバスの時間を見ながらブラブラ歩いて名瀬方面へ。
やっぱりハブは怖いね(´・ω・`)
ゴーゴーカレー
名瀬の街に戻ってきたら、なぜか(シャレではない)ゴーゴーカレーの店が。
奄美ナンバー
奄美ナンバーは去年11月の交付からまだ日が浅い割によく見かけた。
個人的には以前の離島ナンバーの鹿児島○27もカッコよかったと思う。
フェリーとしま
名瀬のフェリー乗り場に来ると、向かいのふ頭にフェリーとしまが。
ホントは夜中の3時出港のこの船でトカラ列島をまわるつもりだったけど、年度末だからかどの島の宿も満室で今回は断念したのです。
トカラ列島はほとんどの島に店がなく宿の基本は1泊3食なので、キャンプ+自炊の準備をガッツリしていなければ、宿が取れない≒島に行けないなのです。
南北大東島は船が数日おきの運航で飛行機の定員が少なく予約が取りづらい代わりに、行ってしまえばご飯食べるところや店はそれなりにあるから何とかなるけど、こちらはどうにもならなかった(´・ω・`)
フェリーあまみ
ということで、行先を喜界島に変更。
こちらも飛行機はそれなりにあるものの、船は鹿児島と名瀬から1日各1便と、こんな機会がないと(これもシャレではない笑)行きづらい島なので、行ってみることにしたのです。
鹿児島~沖縄航路には、1週間以内に最終目的地に着く条件で途中下船しても通し料金で乗れる(切符買う時に言わないとダメだったかも)という素晴らしいシステムがあるのですが、鹿児島までの料金は名瀬からと喜界島からで同じなので、窓口で一応聞いてみたら、こちら(奄美海運)には適用されないとのこと。
残念。
フェリーあまみ
名瀬から2時間少しで喜界島到着。
港近くの宿にチェックインすると、前日の宿と違って気持ちのいい対応。
第一印象がいいと島の印象もよくなるね。
明日からの観光にも期待しつつ寝る。